Top >  抜け毛や薄毛予防とは >  脱毛症とニコチンとは

もうハゲに悩まないで!
ハゲに悩むあなたに
最も良い悩み解決法はこれ
↓↓↓↓↓↓↓
prop.gif

脱毛症とニコチンとは

タバコが髪に悪いと言う原因はニコチンなのです。
タバコのニコチンには、末梢の血管を収縮させる作用があるために頭皮の毛根周囲の血流を低下させ、髪の毛の成長に悪い影響を与えるというおそれがあるのです。
ある医師の話ですが髪の毛の悩みを持つ人は、とにかくできるだけ禁煙をしてほしいということです。
殆どの医師がこのようにいわれるはずです。
実際、その医師のみている患者さんでも禁煙が発毛にプラスになったと思われるケースがあったそうです。
タバコのニコチンには強い依存性があります。
禁煙は必ずしもラクなことではありません。
そして、簡単にすぐに煙草をやめられるというものではありません。
徐々に本数を減らしていくことです。
1日5本程度にまで減らしてみるのはいかがでしょう?
薄毛や抜け毛は、タバコだけとは限らないのです。

 <  前の記事 髪の毛と煙草  |  トップページ  |  次の記事 ニコチンと酒とは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6679

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「育毛 ~もう髪の毛で悩まないために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。