Top >  抜け毛や薄毛予防とは >  ニコチンと酒とは

もうハゲに悩まないで!
ハゲに悩むあなたに
最も良い悩み解決法はこれ
↓↓↓↓↓↓↓
prop.gif

ニコチンと酒とは

前回、紹介しましたがタバコは薄毛や抜け毛にはあまり良くありません。
ですが、お酒も髪と関係があるものなのです。
お酒も適量なら問題ありませんが、飲みすぎはもちろん体にもよくありません。
適量であれば、胃はお酒に刺激されて一時的に血行が良くなり頭皮も当然良い影響を受けて、血行が良くなります。
お酒を飲む量が適量ならば育毛・発毛には好ましいかもしれませんが、長期間にわたり酒の飲みすぎは、胃腸障害や肝臓障害などを引き起こしてしまいます。
これは髪の毛どころの騒ぎではなくなってしまいますよ。
体にいろんな障害をもたらすと、髪にも必ず影響します。
肝臓障害がひどくなると、頭皮に赤いできものができてきます。
ちょっとかゆみが伴うできものです。
そのできもので、毛穴をふさぐことになります。
そして、フケが多くなってきます。
その悪循環が、ハゲの原因になるのです。
お酒の飲みすぎも絶対にいけません。

 <  前の記事 脱毛症とニコチンとは  |  トップページ  |  次の記事 精神安定剤としてのお酒やタバコは  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/6680

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「育毛 ~もう髪の毛で悩まないために~」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。