Top >  育毛関連読本 >  ぼくらはみんなハゲている

ぼくらはみんなハゲている

ぼくらはみんなハゲている
藤田 慎一
ぼくらはみんなハゲている
定価: ¥ 1,554
販売価格: ¥ 1,554
人気ランキング: 98720位
おすすめ度:
発売日: 2005-09-23
発売元: 太田出版
発送可能時期: 通常3〜5週間以内に発送
ぼくらはみんなハゲているの詳細を見る

ぼくらはみんなハゲているはわかりやすい本ですよ。人それぞれ、わかりやすい基準は違うかもしれませんが、私はこういう本にはなかなかめぐり合えないと思います。
ぼくらはみんなハゲているはこう見えても、これ1冊で欲しいところは全部間に合いそうな本なんです。他の本を読んでがっかりしていた方にもきっと満足いただける本だと思います。

ぼくらはみんなハゲているは読んでいただければお分かりになると思いますが、必要なところがみんな載っている本だと思います。知りたいことではなくて、知らなければならないところですね。

私たちは専門になるわけではないのでぼくらはみんなハゲているのような本が合うのではないでしょうか?

ぼくらはみんなハゲているを読んでみられるとあなたは元になる知識をしっかり分かることになると思います。

ぼくらはみんなハゲているは自分の場合はこうなんじゃないかな?と応用の利く大切な部分がわかる本なんですね。やはりみんなそれぞれ違うのでココのところが大切ですよね。

だから、ぼくらはみんなハゲているを私はオススメします。あなたの生活にぼくらはみんなハゲているはきっとお役に立つ1冊になることでしょう。

コンプレックスを商売にする
頭の毛が薄くなって気にしない男はいないだろう。普通はヘヤトニックなど市販の養毛剤を使うくらいで、後はなるがままというところだろう。ところがはげていくことに不安を掻き立てるマスコミが存在する。この本ではふれてなかったが、昼の長寿番組の司会者が以前はよく出演者の毛髪の薄いことを指摘して「結構きてますね」と笑顔を浮かべていた。もっとも最近では自分が逆に指摘されているが。本人は大したことじゃないと思っていたんだろうが、やはり前に「卓球は暗い」と番組内で指摘して、全国の中高校の卓球部入部希望者を激減させ廃部寸前にまで追い込んだことがあった。それほどマスコミの影響力は無視できない。
そのマスコミ、特にTVを使ってあたかもハゲが治るかのような宣伝を莫大なお金を使って行ない、増毛、育毛のうたい文句で客を釣る。その実態を暴いたのが本書である。マスコミはその売り方に問題があることを薄々承知していながら、大事なスポンサーであるがゆえに見て見ぬ振りをしている。
カツラの使用者を取材し、使い出したら止める方が難しいというのは説得力がある。正直な告白はユーモアを誘うが、ハゲに正面から取り組んだ真面目なノンフィクション作品です。

女性にも読んでほしい
筆者の藤田さんの本業はTVディレクター。ハゲをテーマとした深夜のドキュメンタリー番組でディレクターに抜擢される。理由はただひとつ、「ハゲだから」。で、放映された番組は好評だったらしいが、テレビでは描き切れなかった部分をさらにつっこんで出来上がったのが本書である。
女性はもちろんのことと思うが、男性の髪の悩みの歴史も古く、チョンマゲの時代からカツラは存在した、という史実にはちょっと笑える。しかし、男性の髪の悩みがケタ違いに膨張したのは、なんといっても1970年代以降、2大業界大手の成長に起因するに違いないのだ。
それにしてもハゲ(自称含む)の男性が抱き得る悩みの深さがココまで、とは。(人によります。)女の人生においての方がクリアしていなければならない外見の基準が多くてそれだけコンプレックスのネタは多いはずだけど、きっと女は心理的にも経済的にもここまで自分を追い詰めない。あくまで自分を基準に置いた一般論ですけど。
この本では悩める人々をひとりずつ丁寧にインタビューした後、藤田さん自らが大手業者のコンサルティングを体験。最後に2大大手をはじめ、その前身となったカツラメーカーや後発でありながら急成長を続けている企業のヒストリーが語られる。(その成長は日本の高度成長とともにあったんですね。)ゆえにこれらの企業とマスメディアがいかに強い絆で結ばれているかということも。
わたしは男ではないので事の深刻さが分かっていないのかもしれないけれど(とはいえ、最近脱毛の悩みが進行中なので、決して対岸の火事ではない!女のハゲは男のそれよりよっぽど深刻です)、日本ほど「あるがまま」でいてはいけない国は少ないのでは、と思う。女性であれ男性であれ、暗黙の理想像があって、皆がそれに近づこうとする。そして、その努力を怠る人には辛い仕打ちが待っている。厳しい国なんです、日本って。(USもデブには厳しい?)


読者を選ばない面白さ
〜ハゲる、という男のタブーを真っ正面から、著者の実体験も交えて描かれており、秀作です。これは誰が読んでも面白いと思います。
内容はハゲに悩む人への取材から著者自身の実体験、また、超有名企業を含むハゲ産業の実態についても論及しています。
著者自身ハゲているらしいのですが、あくまで客観的視点を失っていないので、ハゲに悩む人のみならず、ハ〜〜ゲる不安を一切抱えたことのない人が読んでも面白い作品に仕上がっていると思います。
コンプレックスを抱える現代人の、社会の「不安」という病巣がいかに深いものであるか、どうして不安をお互いに癒し合っていくことができないのか、なぜ不完全な自分を人は許せないのか…。
ユーモアに笑いながら、読後にはふとそんなことを考えさせられる一冊です。〜

ぼくらはみんなハゲているの詳細を見る

 <  前の記事 最大ポイント19倍 4/3(木)9:59まで 花王 ブローネ 薬用育毛エッセンス 【微香性】(130g) 【0328野球10】 【dw203103】  |  トップページ  |  次の記事 花王 サクセス 薬用シャンプー 大 380mL★税込3150円以上で送料無料★  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/8219

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「育毛関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。