Top >  育毛関連読本 >  狂った季節とハゲたサル

狂った季節とハゲたサル

狂った季節とハゲたサル
保坂 彩樹
狂った季節とハゲたサル
定価: ¥ 2,730
販売価格:
人気ランキング: 883384位
おすすめ度:
発売日: 2006-02
発売元: 新風舎
発送可能時期:
狂った季節とハゲたサルの詳細を見る

狂った季節とハゲたサルは隣のヒトが読んでいてちょっと興味を持った本です。でも狂った季節とハゲたサルを読んでみて、案外面白かったのでご紹介します。

狂った季節とハゲたサルの本などは余り詳しくご存じない方もいらっしゃるかもしれませんが、この機会に読んでみられるのも良いのではないでしょうか?狂った季節とハゲたサルはなかなか興味を引く内容で、引き込まれていってしまいます。

読んで得したなぁと思う本、読んで損したよ!と思う本、世の中にはいろいろありますね。狂った季節とハゲたサルは「読んで損はない本」です。

微妙な表現ですね。得か損かは人それぞれなので何とも言えませんです。でも損がないなら得かもしれない方が強いです。狂った季節とハゲたサルはそういう本です。

狂った季節とハゲたサルは内容がしっかりしていて、わかりやすいので誰にでも受け入れられる本なんです。狂った季節とハゲたサルの分野が初めての人にも、そうでない人にもしっかり内容がわかる本です。だから、損はありません。実際に読んでみたら、狂った季節とハゲたサルはかなりお得な本になると思いますよ。

謎のタイトル。
一見写真集かどうかわからない青い表紙。
全体を通して色の使い方が独特で、私たちが普通に見ている
景色とはかなりかけ離れた幻想の世界に映る。
影と光のコントラストが印象的。
アングルも独特でかなり個性的。


もしもランボーが写真を撮るならこんな感じ
目に飛び込む頁々が、詩情を醸し出している。それは詩の一編一編というよりかは写真の表現によるところが大きい。

作者は写真家、詩人ということなのでおそらく写真に重きがおかれているのであろう。その詩からはランボーの影響が露骨なまでに表れている。

視覚的にも言語的にも、重くて爽やかな、実に不思議な読後感のある作品である。


狂った季節とハゲたサルの詳細を見る

 <  前の記事 育毛・抜け毛防止用Good クリームバス/GINSENG(ジンセン)  |  トップページ  |  次の記事 栄養&育毛促進 ケラスターゼ レギュレーター100ml 医薬部外品  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://meenajewelry.sarm.net/mt/mt-tb.cgi/8528

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

テクノラティ

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「育毛関連読本」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。